ブロック注射 TOP » 腰痛 » トリガーポイント

トリガーポイントについて

星状神経節や頚部硬膜外ブロックなどは危険を伴う治療と言われますが、トリガーポイントブロックは比較的若い医師でも上手く治療することが出来るようです。

トリガーポイントブロック注射は外来での通院で処置してもらうことが可能で、痛みが取れたら放っておいて様子を見て、また痛みが出てきたら再開するというように痛みによって回数を増やしたり減らしたりもできます。

トリガーポイントブロックはツボを押すというニュアンスよりも、神経に直接注射をするほうが効くのではないかという想像ができますが、中には素晴らしい効果をもたらした、と喜ぶ方も多いようです。

また、椎間板ヘルニアや分離症などで悩む方も治療して欲しいというように、病院にかけつけるような方も増えているという話を聞くこともあります。

また、トリガーポイントブロック注射をしたからといって、完全に治るのかというとそんなことはありません。神経を圧迫し、痛みが出ている部分に対して一時的に対処するものであって、根本療法になることは難しいようです。

痛みを一時的に抑えているだけのものですから、痛みが再発したら、再度打たなくてはなりません。また、この療法だけに頼ってばっかりいると、腰回りを支える筋肉や腱がどんどん衰えてしまい、返って悪循環を招き、治りが遅くなってしまうこともあります。

ブロック療法はあくまで、一時的に痛みを抑えるものと割り切る必要があります。何回も同じものを打っていると、体はその反応に慣れてしまい、少しずつ効果を感じなくなってくることもあります。

そうなると、更に強いものを打つか、手術の選択を迫られることになってきます。ですので、注射にばかりに頼るのではなく、自分自身の力で腰痛を治していくという意志を持つことが大切になってきます。

自分自身で腰痛を改善していくには運動療法が最適です。運動療法による腰部周りの筋力強化、そして、大腿四頭筋を強化していくことにより少しずつ改善していきます。

日々の努力により、筋肉の鎧が体につけば、それだけ腰にかかる負担も軽減出来ます。また、筋力がつけば体のバランスも徐々に整えられていきますので、まさに一石二鳥の治療法と言えます。

あまりにも痛みが酷い方は安静にする必要がありますが、ある程度痛みが引いている方であれば積極的に筋力トレーニングに取り組むことをお勧めしたいと思います。

中川式腰痛治療法