ブロック注射 TOP » 腰痛 » 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症について



脊柱管狭窄症の保存療法では、特に強い痛みを効果的に抑えるための方法として、ブロック注射が用いられます。この方法は、痛む部分の神経に局所麻酔薬やステロイド剤等を注入し、神経を麻痺させて痛みを取り除く方法です。

局所麻酔薬は歯医者さんで抜歯するときの麻酔としても用いられているもので、数時間で身体から蒸発します。このため、治療による副作用がほぼありません。また、外来でも治療として用いられ、薬物療法に比べて即効性が高いという特徴もあります。

脊柱管狭窄症に効果のある代表的なものとして、硬膜外ブロック注射があります。脊柱管狭窄症では下肢の痛みや間欠性跛行の症状、馬尾または神経根の障害などでひどい痛みが出ることもしばしばですが、その痛みを取り去るために用いられます。

脊柱管内の硬膜より外側にある腔に局所麻酔薬とステロイド薬を注射し、通っている神経を麻痺させます。また、痛みの部位によって腰椎硬膜外ブロック注射、仙骨硬膜外ブロック注射に分けて使用されます。

硬膜外ブロック注射を試行しても、脊柱管狭窄症に効き目が現れないという場合は、一般的に神経根ブロック注射をします。

硬膜から脊柱管狭窄症の原因である神経根に局所麻酔を注入します。神経根を目視することが難しいため、レントゲン透視下で処置されます。

ブロック注射は脊柱管狭窄症の痛みを緩和させるばかりではなく、血流を改善させる効果も期待できます。このことで広がった血管を通し、酸素やたんぱく質などの栄養が行き渡り、また自然な治癒の力を蓄えることができます。

このことから、ブロック注射は単なる対症的な療法とは違い、現代的な新しい治療法であるということが言えるかもしれません。

人間の持つ自然な治癒の力を利用するという点が最も新しいというわけではありませんが、その効果の現れ方は他の療法よりもかなり大きいと言えます。

脊柱管狭窄症の治療には熟練の技術が必要ですので、病院やペインクリニック選びは特に慎重に選ぶようにして下さい。しかし、気を付けて頂きたいのがブロック注射はあくまで一時的に痛みを抑えている鎮痛剤ということを忘れないでください。

ブロック注射で脊柱管狭窄症を根本から改善することが難しいと言われていますので、あくまで痛みを抑えているだけと認識をした上で、根本から改善するための治療法や筋力トレーニングを実践するようにしてください。

ブロック注射にばかり頼っていると、いずれは体が慣れてしまい、いずれ効かなくなってしまうこともありますので、注意するようにしてください。

中川式腰痛治療法