ブロック注射 TOP » 腰痛 » 坐骨神経痛

坐骨神経痛について


腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症に好発する症状が、坐骨神経痛の痛みです。坐骨神経痛とは病名ではなく、なんらかの病気から併発することが多い症状の名前です。

この坐骨神経痛に効果の高い治療法の1つが、ブロック注射です。薬物療法では対処できないような激しい痛みがあるという場合には多く用いられます。

ブロック注射では、神経あるいは神経周辺の組織に対して局所麻酔薬やステロイド剤等を注射し、脳に対する痛みの伝達を麻痺させることで、神経の緊張、筋肉の緊張を解き、血行を高めて麻酔以外の効果も大きく期待することができます。

坐骨神経痛に対するブロック注射の主なものとしては、腰部硬膜外療法や仙骨部硬膜外療法があります。外来では、手技が比較的容易で安全性も高い仙骨部硬膜外療法がよく用いられます。

これは下位腰椎の疾患(椎間板ヘルニアの多く、腰椎すべり症など)による腰痛や坐骨神経痛にはより効果があります。しかし、注射した薬剤が病変部まで到達しなくほぼ無効になる場合も多く見られるようです。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症による坐骨神経痛に対しては最も即効性があるといわれているブロック注射です。痛みを抑えるという目的の他にも、診断が難しいケースでは痛みの箇所を特定し、その再現性を確認するためにも用いられる方法です。

即効性が高い反面、神経根損傷の可能性があるため、使用頻度は抑えるという場合が多くなります。効果時間は1時間程度から数ヶ月と大差が出やすい治療法でもあります。

また、痛みを一時的に抑制することはできますが、痛みを抑制する一過性のものにしか過ぎませんので、その点は理解をする必要があります。

よく、ブロック注射を打てば治ると思ってしまう方もいますが、それは大きな間違いで、ブロック注射はあくまで神経をブロックして痛みを抑えているものになります。

ですので、症状を治すというよりも、一時的に痛みを抑えるものとして認識するようにしてください。でないと、期待をし過ぎてしまい残念な結果になってしまうことになります。

それだけに自然治癒を試みることは失敗するケースも多いということが言えます。どの程度期待するかは患者さん次第です。しかし、症状や患者さんの特性によってまちまちであるということをしっかり覚えておくことが大切です。

中川式腰痛治療法