ブロック注射 TOP » 腰痛 » 腰痛の効果

腰痛の効果



椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、薬やコルセットなどを用いてもなかなか症状が改善されない場合、整形外科では次の治療段階として、ブロック注射を勧めてくることが多いです。

腰痛のブロック注射には様々な種類があり、症状により使い分けられています。もともとブロック注射というのは、神経の伝達回路を断つことで、組織回復を促す効果が期待されるものです。

局所浸潤ブロック注射というのは、局部の筋肉の痙縮が原因で腰痛が継続して起きている場合、筋肉の索状硬結に注射をして症状を和らげるものです。これにより筋肉の緊張が解け、腰の痛みや足の痺れを抑える効果があります。

また硬膜外ブロック注射というのは、痛みの原因となっている神経を局所麻酔の潤滑によってブロックして、激しい腰の痛みがある場合や、特に足部や臀部に渡って痛みが起きている場合に効果があるとされています。

神経根ブロック注射についても同様の症状に対する緩和策です。局所麻酔薬を投与し、痛みの原因となっている神経をブロックして改善していきます。

椎間関節ブロック注射は、椎間関節を支配する脊髄神経後枝内側枝に局所麻酔薬、抗炎症薬等を投与し、痛みを取り除いていきます。

このように腰痛のブロック注射には様々な種類があり、患者さんの症状によって使い分けられています。また、ブロック注射は痛み止めとしての効果もありますが、継続的に使用することによって、自然治癒が期待できるという効果もあるようです。

しかし、その人の腰痛の症状によって全く効果がないという場合もありますし、逆にブロック注射を打ったことによって、症状が悪化してしまったという患者さんも多くいます。

腰痛に対するブロック注射はあくまで一時的な対処療法です。それで腰痛が治るということはほとんどありません、あくまでも痛みを抑えているだけの麻酔になります。

当然、麻酔が切れれば腰の痛みは再発しますし、ブロック注射を打っている間はただ痛みを抑えているだけですので、身体の状態はどんどん悪化しています。

また、ブロック注射に頼りっぱなしでいると、いずれは体がその効果に慣れてきてしまい、徐々に効かなくなってくることも考えられます。

そうすると、更に強い注射を打たないと効果を感じることができなくなってしまい、身体にどんどん負担を掛けることになり、悪循環にはまっていきます。

ですから、どうしても腰の痛みが強く歩けなかったり、立つことも困難なほどに悪化してしまった重症な患者さんが一時的な処置として治療することはいいと思いますが、基本的にはブロック注射には頼らないことをお勧めします。

ブロック注射とは、あくまで痛みを抑えるだけの一時的な麻酔であって、それで腰痛が根本的に改善されることはない、ということをしっかりと認識してください。

腰痛を根本から治すには、腰を支えている筋肉や腱を鍛え、体のバランスを整え、そして今までの日常生活をしっかりと見直す、このことがとても重要になってきます。

そして、「自分の体は自分でケアをする」、「自分で治していく」という認識を持つことがとても大切になってきます。

もしあなたが、ブロック注射を打たないとどうしようもないほどに腰痛が悪化してしまっているのであれば、一度「中川式治療法」を試してみてください。

中川式治療法では、NHKに出るほどの有名な医師にブロック注射を60回打たれても腰痛が改善しなかった患者さんが、わずか1ヶ月程で回復した事例があります。

またその他にも、ブロック注射を打たないと立ち上がることさえ出来なかった重症な患者さんが数多く回復した事例もあります。

ですので、あなたのその辛い腰痛も中川式治療法で改善することができると思いますので、一度詳細を下記よりご覧になってみてください。きっと、この治療法があなたを苦しめている腰痛を改善するきっかけになるはずです。


中川式腰痛治療法