ブロック注射 TOP » 腰痛 » 椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアについて

椎間板ヘルニアは痛みを訴えることがほとんどですので、ブロック注射などで痛みを抑えたいと思う方は多いかと思います。

また、根本から治すのであれば手術をするしかないという考え方は間違ってはいないようですが、個人差こそあれども、痛みの緩和の持続性がかなり長く、その間にリハビリ等を上手くこなすことで、痛みやしびれなどを発症しないという例もあるようです。

椎間板ヘルニアにブロック注射を打つ場合、背中に注射をしますが、このことが怖いという方は多く、手術やブロック注射以外でも根本的な治療に行き着く場合があります。

例えばカイロプラクティックへの通院等他の療法を見つけ、快適に過ごすことができるようになるという例もありますので、まずは詳しく検査を受け、ブロック注射がどの程度効果があるものなのかを詳しく調べてもらうように努力することも必要でしょう。

また、症状については人により違いがあり、痛み等の症状がほとんど無いケースもありますので、その場合でも治療が必要なのかどうかは、医師に聞いてみないことには解らないことでしょう。

また、痛みがさほど無いというケースではブロック注射をするまでもなく、また、してもそれほど効果は無い、ということも言われますので、鎮痛剤を試す、温熱療法を用いるという場合が多いようです。

手術するべきかどうか、迷うというような段階にまで来た時に初めて効果があるという方も多いようです。また、ブロック注射には痛みが多少伴うようですので、痛みがある場合はやめたいという方にはお勧めできません。針を刺すことに違和感を覚えたりする方でももちろん同様です。

あまりにも痛みがひどい場合には、永久ブロックをすることによって神経を破壊させることがあるようです。しかし、この方法は一歩間違えると知覚障害になってしまうケースもありますので、慎重に事を進めるべきです。

また、ブロック注射に頼り過ぎず、出来るだけ自分の体は自分でケアしていくことを心掛けるようにしてください。椎間板ヘルニアは腰回り、脚周りの筋力強化を行い、体のバランスを整えていくことで改善されているケースが多く報告されています。

ブロック注射があるからといって、神経を破壊させるようなケースにまで至らないように、腰に違和感を感じたら、早急に対処することが必要になるかと思います。

中川式腰痛治療法