ブロック注射 TOP » 種類 » 仙骨硬膜外

仙骨硬膜外注射について


腰椎椎間板ヘルニアは通常下位腰椎のものですので、仙骨硬膜外ブロック注射がまず選択されることが多いようです。尾てい骨部から仙骨と呼ばれる臀部の骨の最下部のほうに硬膜外腔に繋がった穴があって、これが仙骨裂孔と呼ばれ、そこから局所麻酔薬を注入します。

下半身の痛みの感覚、筋肉の過度な緊張や下肢の血液循環障害などに伴う色々な症状を緩和し、腰部硬膜外ブロックよりは多少効果が弱いですが、比較的に合併症の少ない神経ブロック療法になります。

実際の方法は、横に寝た状態で点滴をしますが、神経ブロックの副作用によって血圧が低下したりショックが起きた場合に早急に対応をするためになります。

その後、お尻の中央を消毒用アルコールで清潔にします。また横向きになり、そして背中を少し丸め、注射するポイントをまた消毒し、腰の下の方から注射をします。

その後は血圧や脈拍を繰り返し測定をし、1時間程度休みます。また、注射の後の反応としましては、下肢にしびれがあったり、力が入りにくくなったり、その他血圧の低下など神経の働きが低下する状態になります。

下肢のしびれや脱力といった状態は1時間以上に渡って続くことがありますが、その場合でも横になっていれば回復してくるでしょう。しかし、中には2~3時間経っても、下肢のしびれや脱力といった状態が取れない方もいます。

また、酷い方になると、ベットから立ち上がることが出来なくなってしまう方もいます。この場合の理由として考えられるのが、注射を打つ場所を医師が誤ってしまったということです。

ブロック注射は基本、経験豊富な医師が執刀することが常です。ですが、病院によっては経験豊富な医師がいなかったりします。ブロック注射は神経根に直接注射をしますので、一つ間違えれば、別の神経根を刺激してしまい、立ち上がることが出来なくなってしまう状態に陥ってしまうこともあるのです。

ですので、どのブロック注射を打つにもそれだけのリスクがあることを頭に入れておく必要があります。また、注射部分の痛みがもっと続くことがあります。仙骨硬膜外ブロックに合併症が起きるケースもあります。

痙攣や手足が思うように動かないといった状態になることや、意識を無くしてしまうようなことまで範囲も広いようです。神経ブロックの合併症は無論完全に防ぐことは出来ません。そして、致命的なケースもありえます。

一応の予防策を講じるためにも、医師に相談をしたり状態を告げたりすることが必須です。その他の注意点としては、当日の入浴は避けたほうが良い点やお酒を控えること、また、運動などを控えるようすることです。

中川式腰痛治療法