ブロック注射 TOP » 種類 » 仙骨部硬膜外

仙骨部硬膜外注射について


仙骨部の硬膜外ブロック注射は、椎間板ヘルニアのほとんどに見られる下位腰椎のヘルニアに効果を発揮します。仙骨という臀部の骨の最下部に硬膜外腔につながった穴があります。これを仙骨裂孔とよばれますが、そこから局所麻酔薬を注入します。

仙骨硬膜外ブロック注射の方法は、ベッドに横になり、神経ブロックの副作用により血圧が低下したりするのを防ぐためにまず点滴をします。そして、臀部の中央を消毒してから横を向いて背中を丸め、消毒を行って腰の下の方へ注射をします。通常1時間ほど安静をとって開放されます。

仙骨硬膜外ブロック注射によって、下肢のしびれや、神経の麻痺などによる筋力の低下が一時的に起こりえます。また、1時間以上続く場合は継続して安静をとります。痛みが無くなってもこのような症状が長続きする場合も多くありますので、数日間は安静にしておくことが推奨されます。

このような症状を避けるために、より安全な神経ブロックを用いたり、他の保存療法を試行する場合もあります。仙骨硬膜外ブロック注射による合併症として、痙攣や手足の不自由な感覚、稀に意識の消失レベルの失神などが、わずかに起こりえます。

呼吸困難や感染症などにも注意をして処置しなければなりません。合併症は予期せずに起こることが常ですので、出来るだけ大きな病院で処置を受けることが望ましいです。

ブロック注射にも名医と呼ばれる医師が多くいますが、またペインクリニックも同様に有名なクリニックが存在しますので、近くにあるという場合は率先して予約などしてみるのがよい治療方法です。

仙骨硬膜外ブロック注射ばかりでなく、ブロック注射は特に痛みが強い症状の場合には、最も有効な保存治療法と言えます。しかし、心得ておかなくてはいけないことは、あくまでブロック注射は一時的に痛みを抑える麻酔の役割ということです。

仙骨硬膜外ブロック注射も含め、注射を打ったからといって、それで根本から椎間板ヘルニアなどが治るわけではないのです。圧迫されている神経を一時的に麻痺させているだけなのです。

ですので、ブロック療法を行ったからと言って、根本治療になることはないということをしっかりと頭に入れておいてください。また、椎間板ヘルニアは手術なども必要なく、保存療法や運動療法で充分に対処できると言われています。

仙骨硬膜外ブロック注射でも効果が無い、というような状態にまで発展しないうちに、早め早めの処置をすることが必要になってきます。

中川式腰痛治療法