ブロック注射 TOP » 種類 » 神経根注射

神経根注射について


神経根ブロックの注射には、大きく分けて2種類の意味があります。それはどのようなものかと言いますと、一つ目は、炎症を止めるというもの、もう一つは選択的にブロックができるということです。

まず、炎症を止めるということについてご説明します。これは硬膜外ブロック注射と比べて炎症を抑える効果が高いということができるからです。

更に硬膜外ブロック注射は炎症を抑える薬を拡散する状態で、注入していくので、ヘルニアが大きかった場合や炎症が強く癒着してしまっている場合には肝心な部分にまで薬が届かないということもあるのです。

これに対して神経根ブロック注射は炎症が起きていると考えられる神経根の中に薬を入れるので、より高い薬の効果が得られるというわけなのです。正し、神経根に出来るだけ当てないように医師も努力していますが、痛みついては多少覚悟が必要になってきます。

もう一つは、選択的にブロックできるということなのですが、これは手術を行なうときにこの神経根で良いのかということを判断する材料としても活用することができます。

局所麻酔を行なったことで、施行後に一時的な痺れがありますが、炎症を起こしてしまっている神経根をブロック注射することで、一時的に痛みが止まります。

これが、神経根に鉢を刺した痛みの部位があっているのかということと、再現性と麻酔薬の注入によって症状がきちんと改善されているのかということを診ることで、どの場所に手術を行えば良いのかということが決定出来るというわけです。

もしも、痛みの部分が違っていれば、ヘルニアは症状を現在は出していないということになります。ヘルニアが一箇所にしかなかったり、痛みの場所が正常な神経と一致してたり、神経根ブロック注射をしなくても痛みをコントロールすることが出来る場合などの時には神経根ブロック注射を行なう必要はありません。

また、出来るのであれば神経根ブロック注射を打たずに、症状を改善させたいものです。いくら保険が適用されるとは言え、それなりの経済的負担がかかってしまいます。

神経根ブロック注射はあくまで痛みの原因となっている神経回路を断って、痛みを一時的に抑えているものに過ぎません。神経根ブロック注射を打ったからと言って、根本から症状が改善されることは無いということを良く知っておくことが必要です。

そのことを頭に入れておかないと、神経根ブロック注射を何度も打っているのにも関わらず、一向に症状が改善されないと肩を落としてしまうことになるからです。その点に注意して治療を受けることが大事になってきます。

中川式腰痛治療法