ブロック注射 TOP » 種類 » 神経ブロック

神経ブロックについて


神経ブロック注射は腰椎椎間板ヘルニアなどで神経が圧迫され、激痛や疼痛がある症状のある場合に直接的に神経根の付近に局所麻酔薬およびステロイド剤を注入する治療方法です。

また、効果としましては永続性もある長期的な痛みの除去、または短期の効果をも含みます。神経根ブロック注射は神経の背骨と呼ばれる場所の近くにレントゲンで透視し、局所麻酔薬とステロイドを注入しますが、神経根に針が当たると電気ショックのような痛みがあります。

レントゲンでは見えない部位ですので、この電気感覚を伝えることが患者のサポートとして必要です。また痛みはありますが、治療の後はベッドで1時間程度安静にしていれば元通りに動くことが出来るようになります。

電気ショックという言葉があるように、治療時は比較的痛みが大きいようですが、痛みがすでにある部位に対するショックですので、場合によっては痛みを全く感じないという例もあるようです。

神経根は全部で6コあり、一本ずつ全てが特定の筋肉と皮膚の知覚を支配していますので、1本の神経に治療をしても支配している部分には痛みが残ることがあります。

また、2本に異常がある場合、1本を処置したとしても、残りの1本にはまだ痛みがあるということになりますので、追加で処置をしなければならなくなります。

神経ブロック注射が有効になりますと、下肢に脱力感を覚えるケースは多いため、特に車の運転には注意をしなければならないとのことです。

効果としては麻酔だけではなく、麻酔が消えた後でも長期的に改善に向かうことを前提に治療をされますので、そのことに伴って患者のほうからもリハビリなどを効果的に行うなどの行動が必要になってきます。

また、東洋的な反発としての自然治癒力を期待するものですので、神経根ブロック注射の後がもっとも大事と言う方も多いようで、この時期には治療前よりも医師との連携を強めるようにすることが大事になってきます。

中川式腰痛治療法