ブロック注射 TOP » 種類 » 注射の種類

注射の種類をご紹介


ブロック注射には色々な種類がありますが、ブロックという言葉には遮断、防護という意味がありますが、この療法において、神経の伝達そのものを断ち切るという意味を指します。

神経は痛みを脳へ伝達するものですが、この情報の源を和らげることによって、様々な効果、自然な治癒力の効果などを期待するものです。

その対象となる部位や目的によって様々な種類があります。例えば、ファセットブロック療法は背骨の後ろ側の突起のあたりに打ち、神経伝達を断ち切り、局所的な痛みを和らげるものです。

また、仙骨部硬膜外療法は尾てい骨から仙骨と呼ばれる臀部の骨のもっとも下の部分に硬膜外腔に繋がった穴があり、そこから薬液を注入します。

腰部硬膜外療法はX線透視をしながら行われることが多いですが、背骨と背骨の非常に細い溝から針を刺し、硬膜の直前まで針を進め、局所麻酔薬あるいはステロイド剤などを注入することによって、腫れた神経の治癒をします。

椎間板内ステロイドなどはレントゲンを見ながら、手で探るするように行われ、椎間板から出ているヘルニアにステロイドを打ちます。神経根ブロック、またはルートブロックと呼ばれるものはレントゲン透視をしながら、神経根に直接針を刺し、痛み止めを注入します。

ブロック注射はペインクリニックや麻酔科、整形外科などが主な実施場所となります。打つ部位については、神経痛などが起きている部位によってももちろん違いますが、原因によってまた細分化します。

打つ場所によって名称も異なり、それぞれが違う技術を必要とします。神経に直接打つこともあれば、間接や椎間板等の部位にすることもあります。また、症状によっては酷く痛みを伴うケースがあり、神経を損傷してしまう危険もあるとのことです。

背骨後部にある突起の近くに打つのがファセット注射ですが、硬膜の外側の脊髄のある部分に打つのは硬膜外注射です。もっとも激しい痛みがあるとよく言われているのは、椎間板内のステロイド注射ですが、その部位に打ちにくいケースにはやはりかなり痛みがあるようです。

しかし、これだけの痛みを伴ったとしても、病状を完治させることがほとんど出来ないのがブロック注射です。最初に説明しましたが、ブロック注射とは神経の伝達回路を一時的に断ち切って、神経を麻痺させ、痛みを感じさせなくするものです。

ですので、その辺りをきちんと頭に入れてから治療をしないと、思った以上の効果を上げられず期待外れの結果になります。ブロック注射では病状を完治させることは出来ないとしっかりと頭に入れてから治療を受けることが大切です。

中川式腰痛治療法