ブロック注射 TOP » 種類 » 関節注射

関節注射について


肩や膝などの主要な関節に疾患が起こった場合、まず炎症を抑えるためにステロイド注射をすることがあります。

このステロイドは炎症を抑える効果がとても高く、時には症状の改善も見られますが、あまり多用すると関節自体を破壊してしまうこともありますので、どこの病院でも多用することはありません。

また、ステロイドでも効果がないこともありますので、この場合も身体への負担を考えて中止せざるを得ません。その他には神経ブロック注射も用いられます。神経の支配している部位に異常があると、神経症状と呼ばれる全身の症状が出ます。

しびれや感覚障害、歩行障害などにいたるとかなり重度の状態ですので、神経ブロックを用いることが多くなります。また、神経をブロックすることでかなり改善が見られるケースも少なくありませんが、根本治療と捕らえるほどのものではありません。

場合によっては、痛みをかなり上手くコントロールすることができ、また自然な治癒力をもたらしてくれる、というちょっと特殊とも言える治療法です。また、関節注射もその1つです。例えば膝の関節症の患者に対してヒアルロン酸を注入することがよくあります。

また、関節の軟骨にももともと存在しているのがヒアルロン酸ですが、加齢とともにその量が減少したり、疾患によってかなり減ってしまっている場合もあります。

このような場合には関節のスムーズな動きを取り戻すため、注射療法がとても有用です。しかし、この方法も根本治療にはなりません。

例えば五十肩ではその原因がまだ特定されていませんので、根本治療というもの自体も見つかってはいません。対症療法、あるいは補充するための療法とも言われますが、関節の動きがスムーズになることは治療にとっては大きな前進です。

関節注射は全身の関節の治療に有効です。しかしどの注射もあくまで対処療法に過ぎませんので、あまり頼ることはお勧めできません。病状を治すには患者の治そうとする気持ち、そして、治療を継続していくという気力、これがとても大切になります。

中川式腰痛治療法