ブロック注射 TOP » 種類 » 肋間神経

肋間神経注射について


肋間神経ブロック注射は肋間神経の障害があり、胸壁の痛みが起こっている場合に用いられる、ブロック注射の1つです。

肋間神経痛では、胸部の脊髄神経から腹部にまで伸びている肋間神経、末梢神経が痛みます。また、肋間神経痛は肋間神経に痛みが起こる症状のことをいい、病名ではありません。

また病院では内科や神経内科での治療になりますが、骨にも異常がある場合は整形外科が適しています。安静療法や薬物療法、理学療法や鍼灸療法なども用いられます。

ある日突然背中から胸のあたり、わき腹などにもかけて鋭い痛みが起こり、そのまま病院で検査を受けてもなかなか原因がつかめない、というケースも多くあります。

まず骨に異常がないかどうかを詳しく検査しますが、その他には帯状疱疹や脊髄腫瘍などの可能性も示唆します。これらの検査でも異常がないという場合は、肋間神経痛の疑いが強まります。

深呼吸をしたり、あるいは普通に呼吸をするだけでも痛みが起こり、また呼吸困難のような感じを持つこともあります。

また身体をひねったり、神経そのものを伸展するような動作をした場合も痛みは激しくなります。夜間に痛みが増すこともあり、肩などの夜間痛のようにほとんど眠れなくなる場合がほとんどです。

このようなひどい状態になると、薬物療法や安静療法などではとても我慢できないという場合が多く、やはりブロック注射で一度に刺激を抑えたい、と申し出る方も少なくありません。

肋間神経ブロック注射では、痛みや炎症が起こっている場所のごく近い部位に薬物を注入します。内服や点滴などよりも効果は高く、いわゆる痛みの悪循環を断ち切る効果が望めます。

脊髄を腫瘍などが圧迫している場合もあります。この場合はとくに痛みが強く、下肢に運動神経の麻痺が起こることもあります。

また痛みが胸部の両側にあるという場合は脊髄に異常が疑われます。特に下肢の運動制限が起こると日常生活に大きな支障となりますので、十分な注意が必要です。

中川式腰痛治療法