ブロック注射 TOP » 種類 » 大腰筋筋溝

大腰筋筋溝注射について


大腰筋筋溝ブロック注射とは、腰椎や腰方形筋、大腰筋に囲まれたスぺースに対して局所麻酔薬を注入する神経ブロックの1つです。

この部分には腰神経叢という神経の束が存在していますが、この部位をブロックすると、腰から足にかけてのほとんどの部分の神経をブロックすることができます。

また主な適応となる疾患は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、股関節の痛みや、下肢におこっている急性帯状疱疹、または帯状疱疹後神経痛、血行不良やがん性の痛みなどがあります。

骨盤のすぐ内側の辺りには腰の筋肉が揃っています。この筋肉の隙間のことを、「大腰筋溝間」と言います。太腿を支配している筋肉や坐骨神経に通じている神経などもあり、この部位に針を刺してブロックをします。

また坐骨神経ブロックもありますが、臀部の筋肉の隙間を通っている坐骨神経にブロックを行います。ブロックがしっかりと効果を発揮すれば、ほとんどの強い痛みは軽減されますので、痛みがとても激しい場合には特に有効です。

ブロック注射はこのように強い痛みにはとても有効です。また外来でも処置できますが、この場合は麻酔薬を少なめに処方し、麻痺などの症状が出ないようにしなければなりません。

外来で効果がない場合は、やはり入院が勧められます。一定期間継続して治療をすることによって、かなり改善の確率は高まってきます。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、下肢痛、股関節の痛みは日常生活にも大きな障害をもたらします。

また、ブロック注射によって救われた、仕事に戻ることができた、という方は多くいらっしゃいます。また大腰筋筋溝ブロック注射は神経根ブロック注射とは違い、神経の手前で針を止めますが、骨にあたってしまう場合もありますので注意が必要です。

痛みが大きくない場合もありますが、場合によっては激しい痛みが起こります。特に原因が定か出ない場合は、ペインクリニックでも効果が高いと思われる順番で数種類のブロック注射を用いますので、どのような効果や副作用があるのかを事前に確認しておくことも大切です。

中川式腰痛治療法