種類ページ

有効な病気について

ブロック注射の治療法は、様々な病気によって引き起こされる痛みを抑えるためのものです。麻酔薬などによって激しい痛みを抑えて、別の治療法をスムーズに行えるような環境を作ったり、自身の治癒力を高めたりすることで病気を治していくものです。

この治療法は様々な病気の痛みなどの症状を抑えることが出来るため、多くの患者がこの方法を利用して病気を治しています。また、非常に様々なバリエーションがあり、発症している病気によって注射の方法を細かく変更しています。

この治療法が効果を発揮する病気は本当に多く、いくつか例に挙げると、椎間板ヘルニアや頚椎ヘルニア、慢性的な頭痛や肩こり、脊柱管狭窄症や顔面麻痺など全身の病気に対応することが出来ます。

特に椎間板ヘルニアなどで痛みなどの症状を引き起こす病気は、症状が悪化すると後遺症が残る可能性が出てくるので、そうなる前にブロック注射を利用して病気を治すことをオススメします。

非常に高い効果のある治療法ではありますが、いくつかのデメリットも存在します。まず一番に挙げられるのが治療ミスの恐れが挙げられます。ブロック注射はその性質上どうしても神経そのものに注射を打たなければならないので、作業をミスしてしまった場合、神経にダメージを負ってしまう可能性があります。

場合によってはベットから起き上がることも出来なくなるような状態になってしまうこともありますので、そういうことが起きる可能性もある方法だと言うことを忘れないようにしてください。

また針を刺す時は非常に痛いというのも主なデメリットとして挙げられています。特に直接注射するタイプや腰から太い針を使用するものは非常に痛いと評判です。ブロック注射を依頼する時は医師としっかり相談してから行うようにしてください。