メリットについて


椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、自律神経失調症など、様々な病気の対症療法として用いられている、ブロック注射。果たしてこの治療法には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ブロック注射とは、病気の症状を発する元となっている、筋肉や神経に直接麻酔薬やステロイドといった薬を注射することで、症状を抑えるものです。

メリットとして挙げられるのが、薬の副作用の心配が少ないという点です。患部に直接薬を注射する分、普通に薬を飲むように胃など内蔵を通って薬の成分を患部に行き渡らせなくても良いので、その分、薬による副作用が発生する可能性が減少します。

さらに、薬を口から摂取するよりも、遥かに少ない量で効果を発揮させることが出来るのも、副作用の発生が減る理由のひとつです。そして、一番のメリットは、痛みがなくなることによる様々な効果です。痛みがなくなるのはそれだけで精神的な余裕が生まれます。

病は気からとよく言うように、病期の治療は、精神的な余裕があるのと無いのとでは、治りの早さに雲泥の差があるといわれています。辛い症状がが無くなるというのは、それだけで回復力を早めることが出来るのです。

さらに痛みなどの症状が発生する病期の場合、痛みを発している神経が働かなくなると痛みによって、常時緊張状態だった筋肉がほぐれて血行がよくなるというメリットがあります。

これによって、病気になっている部位に血液が良く行き渡るようになり、病気を治療するための栄養がたくさん患部に届けられるようになります。これによってさらに病期の治療速度を早めることが出来るのです。

このようにブロック注射には数多くのメリットがあり、中々治すことが出来なかった病気に対して、非常に高い効果を発揮してくれます。色々な方法を試したきたが、どれもいまいち効果が無かったという方は、ぜひ一度ブロック注射による治療を試してみることをお薦めします。

中川式腰痛治療法