ブロック注射 TOP » 関連情報3

関連情報3

ブロック注射を打てば手術をしなくて済むのか?

椎間板ヘルニアやすべり症などの病気は、神経を圧迫することによって痛みを引き起こします。その痛みは立ち上がることはおろか、日常生活を満足に送ることすら出来ないほどです。初期症状のうちならコルセットなどを装着したり、痛み止めを飲むことによって十分痛みを抑えることが出来るのですが、症状が進むにつれ痛みを抑えきれなくなってしまいます。

そこまで症状が進むと最悪手術を行わなければならないのですが、そうなる前にブロック注射を利用すれば手術しなくても病気を治すことが出来るかもしれません。ブロック注射は、様々な原因によって傷ついたり圧迫されたりしている神経やその周辺に直接麻酔薬やステロイド剤を注射することによって痛みを抑える治療法です。

その代わりブロック注射する時の痛みが大きかったり、針を刺したところから感染症になる可能性があったりなどのデメリットもありますが、それに見合うくらいのメリットは十分に備えています。ブロック注射は外科手術よりも遥かにコストが少ないうえ、身体にかかる負担も格段に小さいので、すぐ手術を行う前にブロック注射を検討することはお薦めです。

特に椎間板ヘルニアなどの手術は難易度も高く、身体に掛かる負担も少なくないうえ、再発する可能性が高いこともあり、末期症状まで進んだ場合の最終手段として用いられてます。ブロック注射は痛みを和らげるためのもので、手術と違って病気そのものを治せるわけではありません。もちろん、手術をしたからといって完治できる保証もありません。

しかし、手術を行うための下地を作るための方法としては、これ以上ないというほど力を発揮します。知覚障害や排泄障害などを引き起こす末期症状の場合は、手術をやむを得ませんが、まだそこまで進行していない場合は、すぐにリスクの多い手術に踏み込む前に、身体に最も負担が掛からないブロック注射を利用することは、一つの選択肢としてお薦めの方法です。