知覚神経について


ブロック注射をすると、まず痛みが軽減します。この痛みの緩和はブロック注射のもっとも大きな目的とも言えるもので、知覚神経をブロックすることで、麻酔が効いている時間よりもかなり長く効果が持続する場合もあります。

これは麻酔によって患部の緊張が解かれたことを意味します。筋肉が緊張を柔らげ、血行が高まることによって、患部の治癒力も高まるのです。つまりそのまま自然治癒の効果が大きくなればなるほど、痛みをぶり返す可能性も低下してくると言えます。

知覚神経のブロックによって痛みが緩和されますが、知覚神経は細くてより効果が大きいのが特徴です。これに対して運動神経をブロックすると筋弛緩作用が期待できますが、筋肉が脱力感を大きくしてしまうほどの効果は得られません。

知覚神経に効いても筋肉はしっかりしていますので、入院での治療をする必要もありません。あるいは症状が大きい場合には入院でブロック注射をすることがありますが、局所麻酔薬の量も多くなり、その分ベッドで安静にしていることが求められます。

神経ブロックを受けるためには、痛みの原因をしっかりと検査し、また問診などを用いてブロック療法が有効かどうかを決断することが大切です。

またブロック注射ができない場合もありますので、持病がある場合にはすべて告げなければなりません。薬物療法や漢方治療などでは効果がなかった、という場合にもブロック注射は高い効果を示す例が多くあります。またこれらの療法と併用することもあります。

つまり痛みがあればすぐにブロック注射をするのではなく、装具療法や安静療法などでも改善が見られないし、という場合に初めて用いられる方法なのです。

神経ブロックといってもそう簡単に受けることはお勧めできません。針が間違った部位に進む可能性も否定できません。まずは一定の保存療法を試行してみて、それでも効果が無いという場合に用いられるものだ、という知識を持っておくことが大切です。

中川式腰痛治療法