帯状疱疹の効果について


帯状疱疹とは、水ぼうそうを起こす原因となるウイルスと同じ水痘、帯状疱疹ウイルスによって発症する病気です。その症状は、まず皮膚にちくちくとした痛みが起こり、次は同じ部位にブツブツと赤い発疹が現れます。

胸部や背中、腹部などが多く、顔や手足の場合もあります。症状が現れるのは左右のどちらかだけで、二箇所以上に集中することは稀です。

治療法としては、薬物療法が主に用いられています。またその中にブロック注射がありますが、星状神経節ブロック注射、および硬膜外ブロック注射が主なものです。

このうち星状神経節ブロック注射は、頭部、上肢に現れるタイプの帯状疱疹、またその後の神経痛に適応され、硬膜外ブロック注射のほうは体幹から下肢の症状に適応されます。

帯状疱疹ではおよそ10回以上はブロック注射が試行されます。神経をブロック注射をすることによって、神経痛の痛みも緩和されてきます。

もちろん患者さんによって、ブロック注射の回数も効果の現れ方も異なり、20回程度で現れることもありますので、途中で諦めないで医師を信頼することが大切です。

帯状疱疹は神経痛に関連した痛みが起こる場合が多く、痛みも長時間続いたり、発作のように突然痛むという場合もありますので、強い痛みに効果があるブロック注射はとても適した治療法であると言えます。

しかし治療期間は長くなりがちです。薬物療法を試行してもだめだった、という場合にブロック注射をしますので、できるだけ根気強く構えておくほうが言い結果を出しやすいといえます。

激しい痛みによって睡眠不足や食欲不振になることもあります。またこれらの状態が続くと鬱病になることも考えなければなりません。

ひどい場合は抗うつ病と併用する場合もありますし、鬱病の場合は精神科でのカウンセリングが重要視されるケースがほとんどです。

若い人が発症した場合は比較的回復は良好ですが、高齢者の場合はやはり回復は困難で、神経痛も残りやすいと言われています。

中川式腰痛治療法