ブロック注射 TOP » 関連情報1 » 花粉症の治療

花粉症の治療について


ブロック注射は異常を起こしている神経に、直接麻酔薬やステロイド剤などを打つことによって、症状を緩和させることが出来ます。また、腰の病気である、椎間板ヘルニアなどによく使われます。

ですが、ブロック注射はそれ以外の病気に対しても非常に効果的で、その一つに花粉症があります。花粉症は花粉などが体内に侵入した時に防衛機能が過剰に反応してしまい、花粉を退治しようと、必要以上に働いてしまうことによって起こる病気です。

典型的な症状である鼻づまりやくしゃみ、眼のかゆみなどは、身体の免疫機能を司っている副交感神経が過剰に反応した結果、花粉を身体から追い出そうとすることによって、発生しています。つまり、この副交感神経の働きを抑えることが出来れば、症状は一切出なくなるということです。

一般的な花粉症の治療として、薬を処方すれば症状を抑えることは出来ます。しかし、妊娠中などは薬を服用すると、胎児に影響が出る可能性があり、使うことが出来ませんでしたが、ブロック注射ならそうしたことは一切無く、妊娠中の方でも確実に症状を食い止めることが出来ます。

花粉症は星状神経節ブロック注射で症状を改善させていくことが多く、鎖骨の上辺りにある、星状神経節という神経の集合している箇所に、直接注射針で麻酔薬などを注射することで、興奮状態の神経を落ち着かせて、症状を一気に抑えることが出来ます。

この処置を何度か繰り返すことで、アレルギー反応を抑えることが出来るようになり、副交感神経が過剰反応しなくなっていきます。

このように、ブロック注射はアレルギー反応を抑えることに非常に効果的な方法ではあるのですが、麻酔薬にアレルギーがある人は使えなかったり、花粉に反応しなくなるまで20回近く、ブロック注射を打たなくてはならない場合があります。

ですので、費用がかさんだり、体質によっては副作用の可能性があったりと、デメリットが無いわけではないので、ブロック注射を行う際は、医師と良く相談してから、実施することがとても大切になってきます。

中川式腰痛治療法