ブロック注射 TOP » 新着情報バックナンバー

新着情報バックナンバー

お薦めサイト紹介ページ

車買取ならアップルがおすすめ
車を高く売りたい方はアップルに一度相談してみてください。

キャバリア しつけ方
キャバリアのしつけ方や飼い方を詳しくお伝えしていますので、これからキャバリアを飼う方は参考にしてください。

業務用 にんにく
業務用国産生姜・ゆず・にんにくの卸売り通販サイト 坂田信夫商店。

ブロック注射と対症療法

対症療法は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症といった神経の傷によって表れる症状を解消させるための治療法です。対症療法にはいくつかの種類があり、ひたすら安静にして痛みが引くのを待つ安静療法や、患部を温めて血行を促進させる温熱療法、痛み止めを服用して痛みを抑える投薬療法など、対症療法にはこのような種類のものがありますが、症状が悪化してくるとこれらの対症療法でも抑える事が出来なくなってしまいます。

そうなった時に痛みを大きく軽減してくれるのがブロック注射です。体質にもよりますが、一度の治療で一週間は痛みを抑える事が出来ることもあるそうなので、対症療法が効かなくなった方は医師と相談してブロック注射を行なってみることも1つの選択肢です。

ブロック注射は患部に直接麻酔薬やステロイド剤などを投与することで痛みを大きく抑えます。投薬療法のように消化器官などを経由せずに薬を患部に行き渡らせる事が出来るので、わずかな寮の薬でも高い効果を発揮させる事が出来るのです。さらにブロック注射を行なうことで他の治療や対症療法もスムーズに進める事が出来るようになります。

緊張状態だった筋肉がやわらかくなり血行が促進されるので、その間に運動療法などで患部周辺の筋肉を育てる事が出来れば、痛みを感じない身体作りをスムーズに行なう事が出来ますし、さらに血行が促進され回復スピードをより高める事も出来るようになっていきます。

ブロック注射による治療は対症療法の効果が全く見られなくなるくらい症状が悪化した時に行われる事がほとんどです。その理由はブロック注射にある様々なリスクにあり、治療の激しい激痛やミスによる神経の損傷や注射跡からの感染症の可能性などブロック注射は対症療法とは違い多くのリスクが付きまといます。

理想としてはブロック注射を行うことなく治療を終える事が出来るのが身体のためにも一番良いので、体に違和感が出たときはなるべく早く病院で検査してもらい、症状が軽いうちに治療を済ませる事が出来るようにすることがベストです。