ブロック注射 TOP » 頚椎 » 頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニアについて


頚椎ヘルニアの痛みを抑えるためにブロック注射を打つという方は多いようです。頚椎ヘルニアに対する効果は大多数の方があるというわけではないですが、それでも費用的に楽であることや副作用がほとんど無いことで受ける方が多いようです。

また、痛みが改善する可能性が高いことを考えれば、頚椎ヘルニアの方に勧められる治療方法ではないかと思います。麻酔を打ってから行うため痛みも無く、外来で受けることが出来ますので、とても手頃なイメージを持たれる方も多いようです。

神経根ブロック注射をする場合には神経に直接針を刺すのでとても痛い、電気ショックのような感じがする、という方もいらっしゃるようですが、一時的なもので針を抜いたら楽になります。

また、硬膜外ブロック注射を2回程度してしまえば痛みは減る方も多いようですが、その後、再発というものがいつ頃あるかどうかは個人差があります。

1ヶ月程度打ち続けてやっと治った、という方もいらっしゃるようですが、それだけ打ち続ければ頚椎ヘルニアの痛みが出たとしても、鎮痛剤の使用などをすることによって長期間生活が出来るようになるようです。

手のしびれや重さなどが続いて、レントゲンで頚椎周りを検査してみたら、頚椎ヘルニアが原因だったため、治療をするという場合、星状神経節ブロック注射をします。

こちらはブロック注射の中でも軽い部類に入りますが、首の右側や左側に一回ずつ、2回で1セットになります。最初は麻痺が広がって不思議な感覚になったり、息がしずらく感じたりするようですが、慣れてくればそれほどではないでしょう。

歯医者でも受ける麻酔のようなものとほぼ同じという方も多いようです。薬がよく効き始めて、だいたい2時間ぐらいで復帰できます。ただ物が上手く飲み込みずらくなるという方は多いですが、時間が経てば食事も問題なく出来るようになります。

星状神経ブロック注射の場合では、他の色々な病気に効果があったり、より健康な状態を強くするようなケースも多いようですので、頚椎ヘルニアで悩んでいる方は一度試されてみることをお勧めします。

しかし、あくまでブロック注射は痛みを一時的に抑えておくものとしっかりと理解してから、治療を受けるようにしてください。そうしないと、期待以上の効果ではなかったと肩を落とすことにもなりかねないからです。

ブロック注射を打って痛みが無くなったとしても、それはヘルニアによって、圧迫を受けている神経の伝達回路を一時的に断っているだけで、麻酔が切れれば、痛みは再発していきます。

このことをしっかりと理解しておけば、多少効果が無かったとしても、気が滅入らなくて済みます。やはり、頚椎ヘルニアを根本から改善するには、頚椎周りの筋力アップが不可欠となってきます。

また、頚椎ヘルニアを発症している人は、体のアンバランスを引き起こしている方がほとんどですので、体全体のバランスを整えることも重要です。

体のアンバランスを整えるにはストレッチなどが有効になってきます。ですが、自己流などで行うと、返って逆効果になってしまうこともありますので、必ず専門家の指導の下、行うことが大切です。

このように頚椎ヘルニアを根本から改善するには、ブロック注射では難しいと言うことをしっかりと理解し、自分に合った治療方法を見つけていくことが必要となってきます。

頚椎ヘルニア