ブロック注射 TOP » 病院 » 保険点数

保険点数について

椎間板ヘルニアや腰椎すべり症、肩こりや花粉症などに効果のあるブロック注射は保険を適用することが可能ですが、初めての場合は特に、その治療代金、保険点数の決め方が気になるという方は多いと思います。

この保険点数とは、別名診療報酬点数のことです。医療行為、または治療の中での単位(注射や薬剤の使用)ごとにその点数が決められています。

すべての医療行為には予めその点数が決められていますが、1点は10円という計算になり、また結果として足し算された費用に保険の負担割合をかけて診療代金が計算されます。

つまりはサラリーマンの方の場合は保険点数×10円で出た合計のうちの30パーセントが自己負担額となります。

整形外科でのブロック注射をする場合、一回あたりの保険点数が350点、つまり3500円ぐらいが目安のようですが、一日に2回処置をしたとしても1回分としか計算されないようです。

また、これらの使用された薬剤についてはその量によって基準から算出されます。その他にも点滴治療やレントゲン検査の料金なども別途必要です。

それらを含めれば、だいたい6000円程度の治療代になると予想されます。ブロック注射は、高い技術を持っている医師が行うものとよく定義されます。

また、滅多に使用するものではなく、痛みが我慢できない場合に初めて使用する方法であるということから、高額になるのではないかと予想される方も多いようです。

また実際はそれほどの値段にはならないようですが、病院やクリニックによって額の差は激しいようですので、予め確認しておくことが必要と思います。

ブロック注射に効果が無い場合、痛みを取り除く手段が他にはないため手術を検討するケースもあります。そのことを考えれば、入院費用と比べれば比べ物にさえならないということが言えます。

しかしながら、ブロック注射で改善を導くことは場合によって手術よりも難しいことかもしれません。あくまで、ブロックは痛みを発している神経に対して、痛みを抑えるものであって、麻酔のようなものです。

その点をしっかりと理解した上で、治療をするようにしないと、期待を裏切られることになるかもしれませんので、注意してください。

中川式腰痛治療法