ブロック注射 TOP » 病院 » 入院期間

入院期間について


ブロック注射をする場合、2週間程度の入院を義務付けられるケースもあります。特に神経根に対して直接注射をする場合は、効き目が強いため、なんらかの合併症状を起こす危険が比較的大きいと言えます。

もちろん強力なためにその一回での効果も優れていますので、ほとんどは期待のほうが大きいと言えますが、症状によって神経根しかありえないという場合もあります。

このように念のための入院をしなければならない場合、他の病院を当たって見るという例も少なくないようです。より大きな病院で診察を受けてみて、結果的に大丈夫と判断されれば、入院期間は充分短縮できると思います。

一般に仙骨部(尾てい骨から)に打つ仙骨部硬膜外ブロック注射はほとんどが外来で処置されていますが、局所麻酔薬を使用しますし、副作用の可能性も否定できませんので、治療後にすぐに開放されるということは稀です。

その他、腰部の硬膜外ブロック、上記の神経根ブロック(レントゲン透視下)、椎間板内のステロイド注射などはすべて、少なからずの入院が前提となります。

また、患者さんの状態によっても入院の有無やその期間の判断は変わってくると思われます。特に、高齢者の方で腰部のヘルニアや狭窄症の症状が重い場合では、合併症の可能性を否定することは不可能です。

入院を前提をした場合、まずどれくらいになるものか、合併症の可能性の確率などを綿密に確認しておくことが必要です。

他の保存療法をする場合は入院することは稀ですが、特に忙しい方がブロック注射の即効性に期待して病院にかかるというケースが増えているようですので、注意しておかなければなりません。

腰痛の場合、レーザー治療法による即効性の効き目が話題になっています。日帰り手術とも呼ばれ、処置後2~3時間の安静で済むところが多いようですが、しっかりとした設備を持っているところで受けることが望ましいように思います。

また、最近話題になっているもう一つの治療法が中川式治療法です。この治療法は阪神タイガースのトレーニングコーチや日本女子プロゴルフトレーナーなど、数々の一流アスリートの体を診てきた中川卓爾先生の治療法です。

アスリートだけでなく、一般の腰痛患者さんも延べ30年間で50万人以上の人達がこの治療法で腰痛を解消されたと言います。また、ブロック注射を60回打っても治らなかった患者さんもこの方法で改善したそうです。

もし、ご興味がありましたら、一度、中川式治療法のサイトや中川卓爾先生のことを調べてみることをお薦め致します。

中川式腰痛治療法