ブロック注射 TOP » 病院 » 名医をご紹介

名医をご紹介


ブロック注射には非常に高度な技術が必要になります。背骨の間の細い隙間に針を通すことは難しく、感覚的に熟練することが要求されますが、そのような技巧の優れた名医と呼ばれる医師が多くいるようです。

ペインクリニックや整形外科などを色々当たって名医と呼ばれる医師を紹介されるということも多いようですが、地方から都市部まで遠距離で通院するなどの必要性も出てくることがあり、なかなかチャンスに恵まれないという方も多いでしょう。

中枢の神経の近くに針を通す場合、危険として考えられることとしては神経や血管の損傷によって麻痺やしびれや痛みなどが出てくることが上げられます。

また、ブロック注射を含めた、椎間板ヘルニアであればヘルニアの症状についての専門の名医と呼ばれる医師が大半でしょうから、他の方法にめぐり合うケースも多いでしょう。

無理をして通わなければならないのであれば、医師に直接通院できる回数に制限があることなどを打ち明けることも有効かもしれません。

治療方針の相談をしてみて、その結果を受けて地方の近場での治療に専念する、という方法も時には良い効果を生むことでしょう。

名医のバックアップを受ける治療方法というのは悪い結果を生まないための材料としてはかなり有効になることが多いと思います。

中にはレントゲンをしながらすることが一般的なのに対して、レントゲンを参照することなく手探りでポイントを当ててしまうような熟練の医師もいるとのことですから、おそらく魔法のような方法で来る患者さん全てを治してしまうのではないでしょうか?

そのような期待感を持っていれば、必ずやいい医師にめぐり合うことができるでしょう。しかし、ブロック注射をしても効果が無い、手術をしたけど痛みが再発してしまったという方は、腰痛治療の名医、中川卓爾先生を訪ねてみてください。

中川卓爾先生は30年間で50万人以上の腰痛患者を救ってきた実績を持ち、また、その中で、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、すべり症、分離症など、医者から見放された重症患者さんを数多く救ってきた先生です。

また、阪神タイガースのトレーニングコーチや日本女子プロゴルファーのトレーナなどを勤め上げ、スポーツ医学にも詳しい先生です。もし、ご興味のある方はぜひ、中川卓爾先生の治療を一度、受けてみることを強くお薦めしたいと思います。

中川式腰痛治療法