ブロック注射 TOP » 安全性 » 本当に効果はある?

本当に効果はあるのか?

ブロック注射の効果としては、肩こりや腰痛等を初めとする症状によく効くと言われ、鎮痛剤等を使用することに比べて、副作用の心配がほとんどなく、また痛みの部位の緊張を和らげる効果や、血流を促進させることで栄養を患部に送り、改善を速めることが期待できます。

よく保存療法と手術の中間的な役割を持つ治療法として認識されますが、保存療法に近い点としては麻酔の効果がだんだんと薄れていく可能性が十分にある、ということが上げられますので、再び同じ症状に戻ってしまうことは十分に考えられます。

あくまでブロック注射の効果は、一時的に痛みを抑えるものとして割り切って、治療を受ける必要があります。この方法で腰痛などを治すと期待を持つと、期待以下のとても残念な結果になってしまいます。

この療法はもともと、スポーツ選手などがプレイ中に大きな怪我をした際、それでも試合に出なくてはならないなどの状況下に置かれたとき、一時的に痛みを無理やり抑えて試合に復帰するために使われていた方法です。

ですので、根本療法とはほど遠く、あくまで一時的に痛みを抑えるための治療法と考えてください。ブロック注射で腰痛などが治せることはないということをはっきりと知っておいてください。

また、副作用が無いという点ではかなり優れています。痛みの部位にそのまま打ちますので、内服する薬などを飲むこともなくなります。このように、薬を飲むこともなく、手術する必要もないため、チャレンジしてみるという方も多い傾向にあるようです。

ブロック注射が手術と違う点は、根本的な改善は難しく、一時的に長期で痛みが無くなっても、また痛みだす可能性は十分にあると言えます。ですので治療をそこで止めてしまうことをせずに、定期的に診断を受けることも必要になってきます。

また、痛みに対する方法として優れているばかりか、例えば星状神経節ブロックは自律神経のバランスが悪くなることで起きる臓器の潰瘍や高血圧症や不眠症といった様々な病気にも対応できます。

ブロック注射をするケースは、大体は痛みをこじらせてしまった場合が多く、例え、対処したとしても変化が無い場合もあることを知っていてください。

中川式腰痛治療法