ブロック注射 TOP » 安全性 » 費用はどの位?

費用について

ブロック注射は辛い痛み、従来の薬物療法による効果が少ない場合などにとても効果がある療法として広く用いられています。

外来で出来る処置法であるという利点もあり、また長期の鎮痛効果も望めます。またブロック注射は保険適用が可能で、三割負担、一割負担と通常の保険点数方式が適用されます。

最も多い適用例は腰痛へのブロック注射ですが、一回の処置をするのに必要な金額は約500円から4000円程度とかなり病院やクリニックなどによって開きが大きくなるようです。

これは負担割合をかけた額ですので、保険適用がなければ13000円程度かかってしまいます。そしてこの他にも麻酔やレントゲン代など、別途必要になってきます。

一般に一回の処置として平均の額は6000円程度ですので、1万円あればお釣りがくると考えて問題ないと思います。ブロック注射には効き目がある場合もあれば、全く無いという場合もあります。

それだけに、費用が見合うかどうかというところでは考え物ですが、平均して3回程度試行するという患者さんが多いようです。また、手術をすることに比べてかなり費用を抑えることが出来ますので、効果がある間に充分にリハビリなどをして上手く改善させようとする方は多くいらっしゃるようです。

ブロック注射には副作用がほとんどないと言われていますが、技術の低いレベルの病院、医師に施術を受けると、間違った部位にブロック注射を受けるなどして症状が悪化したり、重度の副作用が出ないとも限りません。

症状が悪化した例で言えば、ブロック注射を治療した途端、医師が誤った場所に打ってしまっため、ベットから起き上がることが出来なくなってしまったり、歩いて帰ることが困難になってしまうこともあるようです。

このようなことになると、医師の責任になるかと思いますが、ほとんどの病院などでは、治療をする前に必ず念書を書かせ、患者の責任転嫁するところが多いようです。

このようなお話をすると無責任ではないかと思う方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、患者側もしっかりと責任を持って治療することが求められているのです。

また、費用もその治療のために思わぬ負担になってしまう恐れは充分に考えられます。このことから、しっかりとした大きな病院の脊椎専門医、ペインクリニックの麻酔科の専門医などを探しておくことが重要になります。

神経症状の治療では、色々な知識を持っておくことが治療に役立ちます。予めブロック注射をすることは知っていても、どのようなものなのかを知らないでいるよりも、ある程度の知識を得ておくことが必要です。

よく勘違いをされるのが、ブロック注射を打てば腰痛などが治ると思い込んでいる方です。ブロック注射とは圧迫されている神経に直接打って、あくまで一時的に痛みを抑えているものに過ぎません。

つまり、麻酔と一緒です。その麻酔が切れれば当然のこと、痛みが再発します。そこのところを良く理解しておかないと、何度、ブロック注射を打っても痛みが取れない、改善しないということになってしまいます。

もう一度言いますが、ブロック注射とは神経の伝達回路を断って、一時的に痛みを抑えている麻酔です。そこのところを良く理解しておいてください。

中川式腰痛治療法