後遺症について

ブロック注射で痛み止めたい、と考える方がもっとも気になるのは何でしょうか?やはり、後遺症などの症状がないかどうかを確認してから打ちたいという方が多いのではないでしょうか。ブロック注射は局所麻酔薬を神経などに直接打つ方法です。

麻酔は数時間もすれば体内から出てきますが、内服薬のように内臓を経て吸収されることもなく、副作用は無いと考える方も多いようですが、神経の近くに針を通すということから、当然の危険があるだろう、と考える方も少なくないようです。

神経や血管の損傷によって麻痺やしびれ、あるいは痛みなどが生じるということもあり、このようなものは一時的なものも多いのですが、後遺症になってしまうととても面倒です。

医師による治療の際に、神経に直接針が当たってしまうこともあり、この場合は痛みがかえってひどくなるという例もあります。

医師の腕、そして単に運の問題とも考えられ、人によって神経の走る場所は違うため、しょうがないというケースにならないように注意しなければなりません。

このようにブロック注射はかなりの危険が伴います。しかも、神経を一時的に断ち切るものですので、これで治るわけではなく、あくまで根本療法に過ぎないのです。

そして、かなりの危険が伴うにも関わらず、痛みが治る保証はないのです。それでも、今の痛みを少しでも改善出来ればいいからという想いで、ブロック注射を打つ方は多いようです。

手術以外に治す方法は無いというような病気の場合、ブロック注射でも痛みは消えなかったというケースが多く、また、椎間板ヘルニアなどでは筋肉が硬くなりすぎて老化現象を起こしている場合もあるようですが、そのようなことにならないように出来るだけ早期の治療をしたいものです。

手術をしても後遺症は残ると断言された場合に、一体どうすればいいのか、働くことも出来ずにただ寝たきりになってしまうのは困ります。

後遺症は辛いものですので、単純なミスを起こさないためにも、よい医師を選んで、よく相談して決定していくことが大事だと思います。

中川式腰痛治療法