ブロック注射 TOP » 安全性 » ブロック注射の役目

ブロック注射の役目


ブロック注射の役目とは

ブロック注射というのは、神経ブロックの伝達回路を断って痛みを抑えるというものです。

整形外科などではブロック注射を打って、リハビリへ回すというのが当たり前のように行われていますが、ブロック注射は痛みを抑えるためのものだということを、しっかり説明してもらわないといけないと思います。

私の知っている整形外科の先生はブロック注射を試しても2回以上は打たないといけないと言われていました。また、テレビに何度も出演している、大先生に診てもらったという方で60回も神経ブロックをやった方もいます。

しかし、ブロック注射で神経を麻痺させている間は、一時的に痛みを抑えているに過ぎないので、症状がどんどん悪化しています。60回も神経ブロックを打たれた方も、私のところに来たときは、歩けないくらいに症状が悪化していました。

ですので、ブロック注射というのは、神経を一時的に麻痺させ、痛みを抑えているものという認識をしっかりと持ち、根本から改善することは出来ないものだとご自身に言い聞かせて下さい。


神経ブロック療法

神経ブロック療法は抜歯するときの麻酔や、がんの痛みを抑える時などに使用されていますが、腰や足の痛みにも使用されています。神経ブロック療法は外来で行え、すぐに痛みを抑える効果があるため、薬剤の内服や理学療法などで効果が得られない場合によく行われます。

痛みが強いときや持続する時などに有効とされています。稀に血圧低下やアレルギー症状がでる恐れもあるため、医師から十分な説明を受けることが必要です。腰部脊柱管狭窄症に対する神経ブロックには主に2種類あります。

①硬膜外ブロック注射
②神経根ブロック注射

2つとも足の痛みや間欠跛行を一時的に解消するために行われているようです。

硬膜外ブロック

腰部脊柱管狭窄症で下肢痛や間欠跛行など、馬尾または神経根の障害で、痛みを訴える患者さんに行われる方法です。

脊柱管内の硬膜より外側の腔に局所麻酔薬と同時にステロイド薬を注入し、ここを通る神経を麻痺させます。痛みの発生する部位の違いによって腰椎硬膜外ブロックと、仙骨硬膜外ブロックがあります。

<腰椎硬膜外ブロック>

横向きになった姿勢で、正中の棘突起の間から針を刺入する方法と、少し外側の傍正中部から刺入して硬膜外腔に薬剤を注入する方法があります。

<仙骨硬膜外ブロック>

腹ばいになり骨盤の下に枕を当て、お腹やお尻をやや高く持ち上げた姿勢で、尾骨のすぐ上にある仙骨裂孔から針を刺して局所麻酔薬(時にステロイド薬)を注入する方法です。


選択的神経根ブロック


硬膜から脊柱管の外に出た神経根の1本だけを選び、ブロック注射を注入します。腹ばいになり、下腹部に枕を当てて腰椎の曲がる角度を小さくした姿勢で行われます。神経根の部分をレントゲン透視で確認しながら行われます。

また、神経根を正確に捉えるため、麻酔剤の注入前後に造影剤を注入して行う場合もあります。いずれも注入された薬剤が直接神経根に触れるため、電気が走るような痛みを感じます。

しかし、この造影剤の流れを観察することにより、神経根の圧迫状態を調べるという検査的な意味もあるようです。


椎間関節ブロック


腰部脊柱管狭窄症のうち、変性すべり症などに多い腰痛やお尻周辺の痛み、後ろに反った姿勢になったとき大腿部(太もも)に生じる痛み、体を動かしたときに強い痛みを感じるケースなどを緩和します。

治療ベットの上に斜めに横たわってレントゲン透視を受けながら、椎間関節に少量(1mlほど)の局所麻酔を注入します。医師が見て効果があれば、数回繰り返します。

ですが、上記に記した様々なブロック注射はあくまでも対処療法だということを知っておいて下さい。繰り返しになりますが、ブロック注射というのは、神経の伝達回路を絶って、痛みを抑えるというものです。

もし、ブロック注射を何度打っても症状が改善しないという方は、中川式治療法を実践されてみてください。

中川式治療法は、ブロック注射を60回打っても腰痛が改善しなかった、また、医者から見放され、車椅子生活をしていた重症な方、このような方々を延べ1000人以上救ってきています。

もし、あなたの腰痛がどこに行っても改善されないのであれば、ぜひ一度試されることを強くお薦めしたいと思います。

中川式腰痛治療法